賃貸vs購入か。この比較は鉄板かつ永遠のテーマ。さて、あなたはどっち派?

東日本大震災以降、さらに見極めが難しくなりましたよね、心理的にも経済的にも。

【選択と集中】永遠のスパイラル!賃貸か購入か?

生活をしていく為には住居というのは最低限に必要なものです。金銭的またはご自身の諸事情によりホームレスとなって生活をしている人もいますが、そのような人たちが社会復帰を目指した時に最初にネックとなるのが、定まった住居がない事により「住民票」が得られないという事です。その為にそうした人たちが再就職をできるようにと、福祉団体やNPO団体などが入居できる住宅の斡旋などを行い、その方が「住民票」を取得できるようにと尽力をしています。

普通の社会生活を送っている人たちにとってもこの住居の問題は大きなもので、特に結婚をし、家庭を持った人達は賃貸住宅に住み続けるか、戸建住宅あるいは分譲マンションと言った自己所有の物件を購入するかという決断をしなければなりません。また最近では結婚という選択をせずに一人で生きていくと決めた人たちもいますので、そうした人たちにとってもこの先どのような住居形態に住んでいくのかという事は大きなテーマとなります。

雑誌などでは30代40代の未婚女性が分譲マンションを購入するというケースが増えているとも書かれますし、またそういった年代の未婚女性に向けて「年収○○万円でマンション購入」と言ったテーマを掲げた女性誌なども後を絶ちません。周知の事実ですが、賃貸物件の場合には毎月いくら高額な賃料を支払っていたとしても、いくら何十年という歳月をその賃貸物件で家賃を支払い生活をしたとしても、その物件が自分の自己所有物となることはありません。

賃貸はあくまでも賃貸ですので、家賃を支払い住むという住居です。それに対して分譲マンションや戸建て住宅の場合には、その購入資金は何千万単位、中には億単位といった高額な物件もありますが、それらの資金を調達する事ができれば、その物件は自己所有物として先々まで資産となります。もちろん一括で支払いをできるという人はほんの一部の人達だけで、ほとんどの購入者の人達は住宅ローンを組み、20年30年といった長い歳月を返済期間としてなければなりません。

そして期間が長くなればなるほど、借入金に対して利子がつきますので、例えば借入金が2000万円だったとしても、30年ローンで返済をする場合にはその時の金利や選ばれた返済方式にもより変動をしますが、まず間違いなく言える事は、2000万円を借入した場合、30年ローンで返済をするとしたら、元金である2000万円以上、最低でも3000万円程度の支払いは必要となってくるという事です。もちろん親などから無利子で借入をする事ができれば、元金のみの返済で済みますが、2000万円という大金を無利子で貸してくれるご両親がどれくらいいるでしょう。

更には相続や贈与として受けた資産となると、相続税や贈与税が課税をされますので、生前贈与をすることができるだけの資産が親御さんにあるのならば、毎年課税されない程度の金額を少しずつ受け取るのが賢い節税対策です。また住居その物である建物に関しては、年月と共に資産価値は下がって行きますので、ローンを完済した頃には建物としての資産価値はほとんどなくなくなっているという事も覚悟しなければなりません。

そうして考えてみると、長いローンを支払ってマイホームを購入するか、資産としては残らないけれど月々家賃のみで住むことができる賃貸にするかという事は、難しい選択といえるのではないでしょうか?賃貸か購入か、それによって生活スタイルは変わってきますし、生涯収入に占める住居資金の割合も違ってきます。このサイトでは、賃貸のメリットデメリット、購入のメリットデメリットといったものをシニア世代、子育て世代、独身者など色々な角度から比較検討できるような情報を記載してありますので、これから住居スタイルを賃貸か購入かどちらにしようかと決めかねているという方たちは参考にして下さい。